マンション購入で得られる所有権について

マンションを購入すると、その一室の所有者となります。その部屋に住んだり、他人に貸したり、売却することができる権利を区分所有権といいます。マンションの購入者は、そのマンションの区分所有権を有する区分所有者となります。区分所有者それぞれの権利を調整するために、区分所有法という法律が定められています。区分所有法では、マンションを「専有部分」と「共用部分」に区分しています。

1.専有部分
一棟の建物のうち、区分所有者が居住したり、貸したり、売ったりすることができる部分

2.共用部分
廊下やエレベーター、エントランスや階段など区分所有者全員が使用する部分。共用部分の中で、集会所や管理事務所など、管理規約により共用部分と定められている部分を規約共用部分といい、廊下やエレベーターなどは法定共用部分といいます。

スポンサード リンク


マンションの敷地に関する権利

1.所有権付きマンションの場合
区分所有者全員が敷地の所有者となります。ただし区分所有権と敷地の所有権を別々に売却することはできません。

2.借地権付きマンションの場合
地主が敷地の所有者になります。区分所有者には借地権がつきます。売却の際には地主の承諾が必要な場合もあります。

■マイホームを探しているなら、以下のページを見るといいでしょう。

住友不動産販売
リクルートの「SUUMO(スーモ)」
ホームアドパーク

一戸建て、マンションの知識の一覧表
家を買う!のトップページ

スポンサード リンク