防火や耐火のための規制もあります。

火災が万が一起こった場合、その被害をなるべく小さくするために、防火地域・準防火地域として、特別に指定されている地域があります。こうした地域に家を建てる場合には、耐火建築物、または準耐火建築物にする必要があります。

Check!→土地を購入する際は、防火地域・準防火地域に指定された地域かどうか確認しましょう。

スポンサード リンク


敷地の境界線からの距離、壁面線の指定の有無は?

建物は敷地の境界線から50cm以上 離して建てなくてはなりません。低層住居専用地域での場合は、建物の外壁は境界線から1mもしくは1.5m以上 離さなくてはなりません。また、すべての建築物に指定されているわけではありませんが、壁面線が指定されている場合もあります。壁面線とは、道路の境界線と建築物との間に一定の空間を保つために定められた制度です。壁面線が指定されているかどうかは、各市町村、都道府県の建築土木担当部署で調べることができます。

Check!→敷地の境界線からの距離、壁面線の指定の有無を確認しましょう。

■マイホームを探しているなら、以下のページを見るといいでしょう。

住友不動産販売
リクルートの「SUUMO(スーモ)」
ホームアドパーク

一戸建て、マンションの知識の一覧表
家を買う!のトップページ

スポンサード リンク