囲繞地通行権とは?

「いにょうちつうこうけん」と読みます。他の土地に囲まれているために、公道に出るには他の土地をかならず通行しなければならない場合、この囲まれている土地のことを袋地といいます。またこの袋地を囲んでいる他の土地を、囲繞地といいます。

民法では、このような袋地と囲繞地との関係において、袋地の所有者に対して、囲繞地を当然に通行することができるという権利を与えていて、この権利を「囲繞地通行権」と呼んでいます(民法第210条)。

なお袋地の所有者は、囲繞地を通行するためには、囲繞地の所有者に対して相応の金銭を支払うことが必要とされていますが(民法第212条)、広い土地を細かく遺産分割した結果として、袋地が発生してしまった場合においては、袋地の所有者は、無償で囲繞地を通行することができます(民法第213条)。

■マイホームを探しているなら、以下のページを見るといいでしょう。

住友不動産販売
リクルートの「SUUMO(スーモ)」
ホームアドパーク

不動産の用語集の一覧表
「家を買う」のトップページ