建築基準法とは?

建物を建築するときに守らなければならない、もっとも基本になる法律です。国民の生命・健康・財産を守ることを目的に、建築する敷地と道路との関係、用途地域ごとの建築物の種類や規模、建築物の構造や設備の強度・安全性などについての最低限の基準を定めています。一定規模以上の建築物をたてる場合は事前に建築確認を受けることが必要です。主な内容としては、次の三つになります。

)建築の手続(建築確認、中間検査、工事完了検査など)
2)建築物の敷地、構造および建築設備の基準
3)都市計画区域等における建築物の敷地、構造及び建築設備の基準

■マイホームを探しているなら、以下のページを見るといいでしょう。

住友不動産販売
リクルートの「SUUMO(スーモ)」
ホームアドパーク

不動産の用語集の一覧表
「家を買う」のトップページ