建築面積とは?

いわゆる「建坪(たてつぼ)」のことです。
建物の外壁や、柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積(建物の真上から光を当てた時に地盤面に影となって映る部分の面積)を指しています。
ただし1メートル以上突き出たひさしや軒等がある場合には、そのひさし、軒等の先端から1メートル後退した線までの部分のみを建築面積に含むことになっています。1階部分の床面積のことを俗に「建坪」と呼び、建築面積と同じように使っていますが、厳密には異なっていて、1階の外壁より2階の外壁が突き出している場合は、建築面積は1階床面積よりも広くなります。

■マイホームを探しているなら、以下のページを見るといいでしょう。

住友不動産販売
リクルートの「SUUMO(スーモ)」
ホームアドパーク

不動産の用語集の一覧表
「家を買う」のトップページ