消費者契約法とは?

不当な勧誘によって消費者が事実を誤認したり、困惑した状況で結ばれた契約を取り消せる、という悪質な事業者から消費者を保護するための法律です。消費者と事業者との間で締結されたすべての契約に適用されます。この法律によって事業者には、消費者に必要な情報を提供する努力義務が課されています。事業者の不当行為の立証責任は消費者の側にあるため、消費者は事業者の言ったことなどの証拠を残しておく必要があります。双方の主張に争いがある場合は裁判で解決することになります。

■マイホームを探しているなら、以下のページを見るといいでしょう。

住友不動産販売
リクルートの「SUUMO(スーモ)」
ホームアドパーク

不動産の用語集の一覧表
「家を買う」のトップページ