中間金(内金)とは?

中間金とは、売買契約が成立した後に、売買代金の一部として買い主から売り主へ前払いされる金銭のことです。契約成立から義務履行(財産移転)までの間に支払われるので、中間金と称されますが、「内金」または「内入れ金」とも呼ばれます
また手付は契約の義務が履行されれば代金に充当されるのに対して、中間金は支払われる時点ですでに代金の一部となります。

■マイホームを探しているなら、以下のページを見るといいでしょう。

住友不動産販売
リクルートの「SUUMO(スーモ)」
ホームアドパーク

不動産の用語集の一覧表
「家を買う」のトップページ