抵当権とは?

金融機関が不動産を担保に融資するときに、債権を保全するため、いわゆる「借金のかた」として債務者(または物上保証人)が設定する担保権のことです。借り手が返済できなくなった場合には、抵当権を実行して任意処分や競売などによって債権を回収します。地上権や永小作権なども抵当権の対象になりますが、厳密には普通抵当権と根抵当権があり、単に抵当権という場合は特定の債権を保全するための普通抵当権を指します。住宅ローンを借りる時は金融機関と抵当権設定契約を結び、登記簿に登記されます。
抵当権は、債務者(または物上保証人)がその不動産の使用収益を継続できますが、その点で不動産質と異なっています。

■マイホームを探しているなら、以下のページを見るといいでしょう。

住友不動産販売
リクルートの「SUUMO(スーモ)」
ホームアドパーク

不動産の用語集の一覧表
「家を買う」のトップページ