鉄骨鉄筋コンクリート造とは?

鉄骨(S)造と鉄筋コンクリート(RC)造の長所を併せ持った建築構造です。
鉄骨で柱や梁を組み、その周りに鉄筋を配してコンクリートを打ち込みます。比較的小さい断面で、強い骨組を作ることができ、粘り強さもあるため、高層建築に多用されています。

鉄骨鉄筋コンクリート(steel framed reniforced concrete)造を省略して「SRC造」とも呼ばれます。7〜8階建て以上の高層マンションなどで多く採用されます。同じ階数ならRC造よりもSRC造のほうが耐震性は高く、柱も細くできるメリットがありますが、建築コストはSRC造が一番高くなります。

■マイホームを探しているなら、以下のページを見るといいでしょう。

住友不動産販売
リクルートの「SUUMO(スーモ)」
ホームアドパーク

不動産の用語集の一覧表
「家を買う」のトップページ