内法とは?

建物の床面積を測定する際に壁の厚みを考慮せず、壁の内側の部分の面積だけを「床面積」とする考え方のことです。

不動産登記法の規定により、分譲マンションなどの区分所有建物を登記する場合には、この内法の考え方で床面積を計算します。

この反対に、建物の床面積を測定する際に、壁の厚みの中心線を想定し、この中心線に囲まれた面積を「床面積」とする考え方のことを「壁心(へきしん・かべしん)」といい、建築確認を申請する際には、建物の床面積はこの壁心の考え方で測定されます。

このため、分譲マンションなどの区分所有建物については、建築確認を申請する際には床面積を「壁心」で計算し、そののちに登記をする際には床面積を「内法」で計算しています。

■マイホームを探しているなら、以下のページを見るといいでしょう。

住友不動産販売
リクルートの「SUUMO(スーモ)」
ホームアドパーク

不動産の用語集の一覧表
「家を買う」のトップページ